院長紹介

はじめての方へ

初めまして、鍼灸指圧治療室 香庵の加藤さやかと申します。

​当院のホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

開業して14年。広告など一切使わず、皆様からいただくご紹介のみで、ここまでこられたことを大変嬉しく思います。本当にありがとうございます。

治療室は本来「症状を診て治療をする場所」なのですが、

私にとっては「からだとココロが回復していく場所」という思いが年々強くなっています。

からだが健康になる事で皆さまの笑顔が増え、気が付くとココロまで元気になる。
 

その瞬間を感じられることが私のなによりの楽しみです。

今後も、多くの方の「からだとココロを整えて自分らしい生き方と向き合える場所」になるよう、お一人お一人丁寧に治療をしてまいります。

資格・経歴

2000

鍼師・灸師・あん摩マッサージ指圧師国家資格取得

治療院と往診で臨床経験を重ねる。

伝統的な東洋医学・東洋哲学に基づいた技術の習得・向上に積極的に取り組むと同時に、からだに無理のない自然な動き方にも関心を持ち、施術に加え健康指導も行う

200510

鍼灸指圧治療室  香庵 かのん を開業

現代医学と伝統医学を融合し、からだの変化を実感できる鍼灸治療を実践し続けている。

201510

第43回日本伝統鍼灸学会学術大会にて発表
『顔面部の尋常性痤瘡に対する「天・地・人-気街治療」ー美容への影響ー』


201611

世界鍼灸学会連合会学術大会WFASにて発表
『天・地・人ー気街治療を用いた三焦治療~局所が明確でない患者への対応~』

鍼灸指圧治療室  香庵(かのん)の由来

私たちのからだには「リズム」があります。
 

心臓の鼓動、呼吸の遅速、睡眠の深浅、胃腸のぜん動運動など、すべては一人一人のからだの中にある見えないリズムが調和し、ハーモニーを奏でています。
 

そんな時には無意識にも

「今日はからだの調子がいい♪」など感じていると思います。


パッヘルベルの「KANON」の曲のように、からだの中のたくさんのリズムとハーモニーが繰り返されながら変化し、調和を保ちながら続いていくように「調子がいい」からだを一緒に目指していく。

そんな幸せな毎日のお手伝いをしたいという想いを込めました。

香庵看板.jpg